始めに当サイト(愛人の作り方ガイド)について

このサイトは、「愛人が欲しい」と思っている男性のために、愛人の作り方を一から丁寧に解説しているサイトです。

愛人を作る方法は、大きく分けて3つ(交際クラブ、パパ活アプリ、夜の社交場)ありますが、それぞれメリットとデメリットがあり、それらについてわかりやすく解説をしていきます。

美人で気が利く、且つあげまんな愛人を見つけるために、是非最後までお付き合いください。

愛人とは?

このサイトでいう”愛人”とは、男性から経済的な援助を受けながら交際をする女性のことを指します。

経済的な援助がない関係は、このサイトでは”愛人”と定義していません。

愛人を作る方法とは?

世の中のお金持ちな男性は、主に「交際クラブ」、「パパ活アプリ」、「夜の社交場」の3つの方法で愛人となる女性を探しています。

おすすめ順(質の高い女性が見つかる順)にその方法をに紹介をしていきます。
交際クラブ
交際クラブ(デートクラブとも言います)とは、愛人を探している男性と「お金持ちの愛人になりたい」と思っている女性の橋渡しをしてくれる業者のことです。

もちろん、愛人候補だけでなく、単発でのデート相手(大人の関係あり・なしも選べる)の紹介もしてくれます。

愛人を作る方法としては、この交際クラブが一番おすすめです。

なぜなら、交際クラブが紹介してくれる女性は、美人なのはもちろんのこと、品があり、一般常識と教養を身に着けた女性ばかりだからです。

交際クラブでは、会員となる女性の面接をしっかりと行います。

面接をした上で、お金持ちの男性に紹介をしても恥ずかしくないような振る舞いができる上品な女性だけを選んで紹介してくれるわけです。

そのため、CAや社長秘書、モデル、レースクイーン、女子大生など、社会的なステータスがしっかりとした女性を紹介してくれます。

意味の分からない若者言葉ばかり連発するような、下品な金髪ギャルを紹介されることはありません。

質の高い女性を紹介してもらえるのが、交際クラブを利用する最大のメリットと言えます。

交際クラブを利用するデメリットは、利用料金が高いことです。

利用料金が高いといっても、超お金持ちの男性にとっては、大した金額ではありません。

参考までに、業界最大手の交際クラブであるユニバース倶楽部(全国展開しています)では、以下のような料金設定になっています。

入会金 デートのセッティング料(女性1人につき) 年会費(2年目以降)
スタンダードクラス 3万円 2万円 2万円
ゴールドクラス 5万円 3万円 3万円
プラチナムクラス 10万円 5万円 8万円
ブラッククラス 30万円 8万円 or 10万円
円 (東京、大阪のみ)
16万円

入会をするクラスがアップするごとに、紹介される女性のクラス(才色兼備な女性ほどクラスが高い)もアップします。

例えば、容姿が普通レベルの女性でよければスタンダードクラス、アイドルクラスの女性を希望する場合はブラッククラスの会員に入会する必要があるという認識でOK(もちろん、容姿だけで女性をクラス分けしているわけではありません)。

上記の利用料金を払える余裕があって、且つ女性に対して、十分な経済的な援助もできる方であれば、交際クラブに入会をして愛人を作るのが一番です。

尚、「十分な経済的援助ってどれくらい?」という基準は、一概には言えませんが、あくまでも目安としては、月単位の愛人契約の場合は10万円〜、単発でのデート(大人の関係あり)の場合は3万円〜が一つの目安になるでしょう。

お金持ちの男性ほど、交際クラブを利用して愛人を作っています。

特に、超がつくようなお金持ちは多忙ですし、「時は金なり」という考え方なので、今流行りのパパ活アプリなんかを使って自分で愛人を探すようなことはしません。

※ユニバース倶楽部の公式サイトはこちら

交際クラブで愛人を探すならユニバース倶楽部が一番な理由とは?も参照のこと
パパ活アプリ
パパ活アプリとは、パパを探している女性とパパになりたい男性の橋渡しをしてくれるアプリのことです。

本来、パパ活とは、大人の関係なしに経済的な援助をしてくれるパパを探す活動のことを指しています。

ただ、そんな都合のよいパパは、ほぼ存在しません。

そのため、パパ活アプリを利用している女性の中には、大人の関係ありで男性と食事をしたり、愛人にしてくれる男性を探しているの方が多いのが実情です。

パパ活アプリを利用して愛人を探すメリットは、交際クラブと比べて出費を安く抑えられる点にありますが、自分で探さなければいけないという点は、デメリットになると言えます。

尚、パパ活アプリはいくつかありますが、有名どころはペイターズシュガーダディで、この二つだけおさえておけば問題ありません。

利用料金は以下の通りです。

ペイターズ シュガーダディ
1ヵ月プラン 10,000円 4,980円
3ヵ月プラン 24,800円(1ヵ月あたり8,267円) 11,940円(11ヵ月あたり3,980円)
6ヵ月プラン 42,800円(1ヵ月あたり7,133円) 27,800円(1ヵ月あたり2,980円)
12ヵ月プラン 64,800円(11ヵ月あたり5,400円) なし

両者の違いは、使い勝手にあります。

ペイターズは、いわゆるマッチングアプリ(恋活アプリ)と同じで、気になる女性にまずは『いいね』を送り、相手の女性も『いいね』を返してくれた場合にのみマッチング成立となり、その女性とメッセージ交換ができます。

シュガーダディは、いわゆる婚活サイトと同じで、マッチングとか関係なしに、気になる女性に好きなだけメッセージを送れます。

どちらを利用するかは、使い勝手の好き嫌いで選ぶとよいでしょう。

パパ活アプリを利用して愛人を探す人は、お金持ちの部類には入るけど、交際クラブを利用する余裕がない方、もしくは、時間的余裕があって、自分で愛人を探したいと思っている方です。

※ペイターズの公式サイトはこちら

※シュガーダディの公式サイトはこちら

パパ活アプリのペイターズとシュガーダディはどっちがいい?も参照のこと
夜の社交場
夜の社交場とは、キャバクラやクラブのことです。

これは、昔からある王道の愛人を作る方法と言えます。

特に、昭和の時代というのは、パパ活アプリはもちろんのこと、交際クラブもありませんでしたら、多くの社長たちはキャバクラやクラブに足繁く通い、愛人を作ったものでした。

ただ、現代においては、夜の社交場で愛人を探すのは、費用対効果が悪いわりに質の悪い女しか探せないため、おすすめはできません。

夜の女というのは、客にお金を使わせてなんぼです。

当然、お客さんには色恋営業をしてきますので、「足繁く通えば愛人になってくれるかも」なんて期待しても、実は彼氏と同棲している・・・なんてケースがほとんどです。

そもそも、夜の女というのは、そこそこ稼いでいますから、「月に50万円で愛人契約を結ぶなら、お店で働いていた方が稼げる」なんて方も多いわけです。

そんな女性に相場よりも少々高い金額で愛人契約を持ち掛けたところで、「もっと○○さんのことをよく知ってから」なんて言われて、毎回高いお酒を注文させられて、無駄金を使って終わるのがオチでしょう。

余談ですが、紀州のドン・ファンと呼ばれた野崎幸助さん(故人)も、生前はかなり愛人がたくさんいたようですが、「女を探すのに、夜の社交場ほど費用対効果が悪い場所はない」とおっしゃっていました。

彼も、夜の社交場での女探しに凝りてからは、交際クラブ一本に絞ってさまざまな女性を紹介してもらっていたようです。

さらに、夜の女というのは、人としての質という部分でも、問題があります。

というのは、夜の女は、育ちが悪い方が多いんです(もちろん、全員ではありません)。

その理由は、タクシーが一番乗せたくない客ランキングの上位に夜の女が入っていることからも、容姿に想像ができますね。

夜の女は、お店ではすごく感じがよくても、一歩外を出れば別人なんてケースが多いんです。

交際クラブが紹介してくれる才色兼備な女性と夜の女のどちらが愛人として相応しいかは、言うまでもありませんね。

以上となりますが、愛人が欲しいなら、交際クラブを利用するのが一番です。

交際クラブを利用する金銭的な余裕がなかったり、自分で愛人を探したいなら、パパ活アプリがよいでしょう。

夜の社交場は、あまりおすすめできません。